山一証券はなぜ自主廃業で倒産して殺人事件まで起こしてしまったのか?

スポンサーリンク

山一証券とは

山一証券といわれても、今の若い人は知らないと思います。

そして、私と同世代とか私以上の世代は、山一証券といえばご存知の方が多いと思います。

それは当時、野村・大和・日興と並ぶ、四大証券の一つとされていたからです。

創業は1897年と歴史がある証券会社で、戦後間もないときには四大証券の中で、トップの成績を誇っていた時期もありました。

そんな大手証券会社であった山一証券が、1997年に突然廃業を発表したニュースは、誰もが驚いたと思います。

山一証券が廃業した理由①

なぜ山一証券が自主廃業して倒産したのか?

それはまず「ニギリ」(握り)という行為を行っていたからです。

ニギリとは、証券会社が顧客の利回りを保証する行為です。

それは違法でしたが、当時はどの証券会社でも、公然と行われていたそうです。

そして、バブル崩壊後は株価が下がることになり、利回りの保証のために、損失を重ねることになります。

山一証券が廃業した理由②

また山一証券では「飛ばし」(とばし)という行為も行っていました。

飛ばしとは、損失が出ている有価証券を買い戻し条件付きで、時価とかけ離れた値段で、第三者に転売することです。

山一証券では、決算期で含み損を表面化させないために・・・

一時的に別の会社に有価証券を売却して、決算期が過ぎたら買い戻すということを繰り返していました。

それは、山一証券はペーパーカンパニーを数社作り、そこに飛ばすことで、帳簿上では損失を隠していました。

さらに、ニギリで利息を保証して、他の会社に有価証券を引き取ってもらう「ニギリ飛ばし」も行っていました。

最後に

それでも株価が上がれば、負債は帳消しになっていたのかもしれません。

しかし、バブルが弾けたことで株価は戻ることなく、山一証券は倒産することにます。

最終的に、山一証券の簿外債務は「2600億円」にもなりました。

また、負債総額は「3兆5000億円」と、日本金融史上稀にみる規模の破たんとなりました。

さらに、山一証券で大損させられた恨みを持つ顧客に、顧客相談室長が殺害されたり・・・

顧問弁護士の妻が殺害されたりなど、悲惨な出来事もありました。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました