優待クロスは利益度外視で届くのが楽しみの人には勝てない。

スポンサーリンク

優待に関するブログを読む日々

優待クロスについて、最近その手のブログをいろいろと拝見しています。

そこで思ったのは、こんな優待取ってもマイナスだろ!と思う優待を取っている人がいます。

例えば、500円のクオカードを取るのに、同等の賃株料などを払っていたり・・・

同じように、1000円の商品券を取るのに、800円とか900円の賃株料などを払っている。

また、人気の優待を半年ぐらい前から、取得している強者(つわもの)もいました。

優待を早取りするメリットなど

それでも、利益が出る優待なら良いと思いますが・・・

それにしても欲しい優待とは言え、半年前から取るなんて!と思ってしまいました。

優待を先取りするメリットは、確実に優待が取れること。

さらに、優待を早く取得することで、安心できるというのが一番のメリットだと思います。

これが、直前に取ろうと思うと、下手したら取れない場合もあります。

そこで、欲しい優待が取れなかったときのショックは、かなり大きいと思います。

優待を早取りするデメリットなど

しかし、優待を早取りすると安心感と引き換えに、賃株料を多く払うことになります。

さらに、長いこと大切な資金が拘束されますので、優待の早取りにはデメリットもあります。

そして、優待自体が利益が薄いので・・・

薄い利益のところに、多くの賃株料などを払っていては、さらに利益が薄くなります。

その点、直前に優待を取得すれば、賃株料を多く払うことはないので、それだけ利益が多くなります。

利益度外視の優待マニア

そして、9月の優待について「100社以上」取得したという人がいました。

そういった人は、優待で利益を出すことよりも、優待が届くのが楽しみな人んだろうなと思います。

と言うのも、優待を取得するのに、例えば数百万の資金が拘束されて、もらえる優待が3,000円分の商品券とか・・・

そういった優待は、取るだけ無駄とは言いませんが、取る価値は薄いのかなと思います。

そういった優待を数多く取っていますので、そういった利益度外視の優待マニアには、勝てないなと思います。

資金が少ないと辛い

私の場合は資金が少ないので、どうしても利益を考えて優待を取得します。

逆をいえば、利益が出ないとか利益が薄い優待は、取る必要はないと思っています。

むしろ、私は資金が少ないので、そうせざるを得ないと言うことです。

しかし、優待マニアの人はそういた利益が薄いとか、利益がほぼでない優待も、ガンガン取りますので・・・

そういった人には、優待クロスで勝てないなと思うわけです。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました