IPO新規承認「西本Wismettacホールディングス」これは厳しいかな?

スポンサーリンク

IPO新規承認「西本Wismettacホールディングス」

このほど「西本Wismettacホールディングス」が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「海外における日本食、アジア食品・食材の輸入及び卸売、日本における青果物全般等の輸入卸売販売」となっています。

西本Wismettacホールディングスは、明治創業の老舗で、日本を含めた世界市場に食材や食品を供給しているグローバル企業になります。

西本Wismettacホールディングスの上場スケジュールなど

主幹事  野村証券
市場   東証
想定価格 5,250円
当選枚数 42,550枚
BB期間 9/12~9/19
当選発表 9/20
申込期間 9/21~9/26
上場日  9/29

※ 記載ミス、スケジュール変更など、上記と異なる場合があります。

西本Wismettacホールディングスの総評①

西本Wismettacホールディングスの業種については「卸売業」となりますので、業種の人気としては弱いと思います。

また、上場される市場については、まだ正式に発表されていませんが、東証1部か東証2部に上場予定となっています。

当選枚数は「42,550枚」と多いですので、その点での需要面は良いとはいえないと思います。

また、主要大株主には、ほぼ「90日」のロックアップ、VCなしSOなしですので、その点での需要面は良いと思います。

西本Wismettacホールディングスの総評②

西本Wismettacホールディングスの総評としては、IPOでは人気薄の卸売業で、さらに人気薄の東証上場となっています。

また、東証上場ですので吸収金額は大きく、そのこともデメリットになると思います。

さらに、会社の売上や利益を見ると、頭打ち感があり伸びが鈍化しています。

ということで、今回の上場はメリットよりデメリットが多く、いくらIPOに強い野村証券が主幹事といえど、厳しい上場になるのかなと予想しています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!