今年のIPOで当選した結果などについて

スポンサーリンク

今年のIPOの当選結果について

今年のIPOの結果については、今まで10年以上IPOをしていますが、過去最大の当選数でした。

ということで、それはとても喜ばしいことでラッキーなのですが、利益としては思った以上に少なかったです。

利益が少なかった理由は、利益が薄いというか、利益が少ないIPOの当選が多く…

それを反映して、利益も少なくなりました。

そして、こればかりはIPOの流れというか、地合いなどが絡みますので、仕方がなかったと思います。

逆に嬉しかったことは、IPOを始めてから初めて、野村証券から当選を頂けたことです。

当選したIPO一覧

今年当選したIPOの一覧が以下にになります。

・スペースマーケット(+7.16万)大和証券

・マクアケ(+11.6万)大和証券

・ワシントンホテル(+1.52万)三菱UFJ証券

・ギフティ(+3.8万)野村証券

・ブシロード(+3.14万)日興証券

・フィードフォース(+16.1万)大和証券

・コプロ・ホールディングス(+3.05万)大和証券

・日本国土開発(+1.14万)三菱UFJ証券

・スマレジ(+18.55万)大和証券

上記の当選結果を見て

上記を見ると、IPOの当選確率から考えると、多く当選したと思います。

しかし、当選したIPOの利益を見ると、9社のうち2社は1万数千円、また3社は3万数千円になります。

そして、この利益から税金と手数料が引かれますので、当選して嬉しい反面、利益を見ると悲しいものがありました。

それでも、当選が多かったことで、そこそこ利益が取れたと思います。

また、毎年1つか2つ当選していた、SBI証券の当選が今年は「0」(ゼロ)で、悲しい結果に終わりました。

それは、それだけIPO人口が増えているか、IPOに資金が流れているのだと思います。

最後に

また、12月の好調相場に乗ることができず、大型IPOのBBに参加しなかったのは、痛い出来事でした。

もしこれに乗ることができていたら、もう少し利益を稼げていたと思います。

そして、来年のIPOは新規承認が少なくなると、どこかの記事で拝見しました。

数としては、今年の「半分」ぐらいになるとのことで、来年のIPOは、厳しくなるのかなと思っています。

とはいえ、IPOはリスクが少なく稼げますので、来年も続けるつもりでいます。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

IPO 日記
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ
タイトルとURLをコピーしました