ウイングアーク1stは辞退したけど後悔はない。

スポンサーリンク

ウイングアーク1stが補欠当選

ウイングアーク1stについて、野村證券で久しぶりに「補欠当選」していました。

ウイングアーク1stは、公開株数が多く人気が低かったので、もしかしたら当選するかもと思っていたのですが…

中途半端な補欠当選ということでした。

こんな人気が低い銘柄でも当選しないとは。恐るべし野村。

そこで、購入するか迷ったのですがいろいろ考えて、結局「辞退」(見送り)することにしました。

辞退した理由など

辞退した理由は、上記にも書きましたが「人気が低い」というのが一番にありました。

IPOについては、人気が全てとは言いませんが、人気次第で初値は上にも下にもなります。

そこで人気が低いとなると当然初値も上がりにくいので、公開価格より低い「公募割れ」ということもあると思います。

そう言ったリスクは取りたくないと思い辞退しました。

ただし、主幹事は野村証券でしたので、仮に公募割れしても大きく下がることはないと予想していました。

そこで仮に補欠当選ではなく、普通に当選していたら購入していたと思います。

中途半端な補欠当選だったので、仮に購入しても繰り上がることはないと思い、少ないですが資金が拘束されるのは嫌だと思い辞退しました。

後悔はない

ウイングアーク1stの今日の初値を見ると、予想以上の高値で購入された方はおめでとうございました。

私は補欠当選を辞退しましたが、この判断に後悔はありません。

というのも、IPOについては無駄にリスクを取るべきではないと思っていて、今回はリスクがあると判断して辞退したからです。

しかし上記には「当選したら購入していた」と書いてあり矛盾してるやん!と思う人もいると思います。

それは当選したらの話しであって、補欠当選の場合は繰り上がることはほぼないので、資金が無駄に拘束されることになります。

無駄といっても公開価格は約16万円ですので、そのぐらい余裕あるやろ!と思われるかと。

しかし、私の資金は少なく3月と言えばIPOが多い時期で、さらに優待クロスもしていますので、少しでも無駄に資金を拘束されたくない。

そこでいろいろ考えて辞退したということです。

最後に

これで仮に資金に余裕があったら、繰り上がるチャンスは薄いと思いますが、補欠に申し込んでいたと思います。

IPOにしろ優待クロスにしろ投資については資金が多い人にはかなわない。

資金が少ないと無駄な資金拘束は嫌だと思い、最低限のことしかできなくなってしまう。

IPOでいうならば、資金に余裕があるなら主幹事だけではなく、平幹事も全てBBに参加したいと思うのですが…

私は資金に余裕がないので、主幹事とポイント稼ぎのSBIがメインになっています。

さらに言えば、資金が少ないことでコロナバブルにも乗れず、現状は中途半端な投資しかできていません。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました