IPO初値予想「ウイルテック」状況は厳しいかな。

スポンサーリンク

IPO初値予想「ウイルテック」

上場日:2020/3/6

市場:東証二部

業種:サービス業

公開株数:2,056,600株

公開価格:1,200円

主幹事:SMBC日興証券

事業内容:製造請負・製造派遣事業、機電系・建設系技術者派遣事業、受託製造事業

ウイルテックの考察①

業種は「サービス業」(技術者派遣事業など)ですので、業種の人気は「低い」と思います。

公開株数は「2,056,600株」と多いので、その点での需要は良いとはいえないと思います。

また、主要株主には「180日」のロックアップ、VCなしSOありになります。

そして、上場直後に行使できる株数はSOは少ないので、その点での需要は良いと思います。

会社の業績は、売上及び利益は頭打ち気味ですので、業績に不安があると思います。

ウイルテックの考察②

業態は、技術者派遣事業などですので、業態の人気は「低い」と思います。

それでも、技術者派遣に特化している点などは、評価できると思います。

また、需要は良いとはいえず、業績も良いとはいえないと思います。

考察としては、コレといった強みはなく、吸収金額が大きいなどで、初値は厳しい結果になると予想しています。

また、仮条件を下げていることも、需要的にマイナスになると思います。

初値予想

評価:D(2)
初値予想:1,200円以下

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました