IPO初値予想「ウィルズ」初値大幅高が期待できますね!

スポンサーリンク

IPO初値予想「ウィルズ」

上場日:2019/12/17

市場:東証マザーズ

業種:情報・通信業

公開株数:368,000株

公開価格:960円

主幹事:みずほ証券

事業内容:上場企業と機関投資家および個人投資家をクラウド上でつなぐ、機関投資家マーケティングツール「IR-navi」および個人投資家マーケティングツール「プレミアム優待倶楽部」の提供、ならびに統合報告などのESGコンテンツの企画・制作

ウィルズの考察①

ウィルズは業種は「情報・通信業」(プレミアム優待倶楽部の提供など)ですので、業種の人気は「高い」と思います。

公開株数は「368,000株」と少ないので、その点での需要は良いと思います。

また、主要株主には「1.5倍or180日」のロックアップ、VCなしSOありになります。

そして、上場直後に行使できるSOは少なく、気になる程度の枚数ですので、その点での需要も良いと思います。

会社の業績は、売上及び利益は年々延びていますので、業績の不安は少ないと思います。

ウィルズの考察②

ウィルズは、プレミアム優待倶楽部の提供などですので、業態の人気は「高い」と思います。

また「ブロックチェーン」や「ASP」など、IPOで人気のキーワードを含んでいますので、その点も良いと思います。

さらに、吸収金額が少なく、公開価格が1,000円以下の「値ごろ感」も良いと思います。

そして、業績についても問題ないレベルだと思いますので、総じてメリットが多いIPOだと思います。

考察としては、特に問題ないIPOで、初値大幅高が期待できると思います。

初値予想

評価:S(9)
初値予想:2,400円以上

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました