IPO新規承認「WDBココ」主幹事はSMBC日興証券

スポンサーリンク

IPO新規承認「WDBココ」

このほど「WDBココ」が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「医薬品の安全性情報管理の受託サービスなど」になります。

WDBココは、CRO(医薬品開発受託機関)として、医薬品及び医療機器開発現場の生産性向上に貢献している企業になります。

業務内容は、安全性情報管理支援、ドキュメントサポート、製造販売後調査(PMS)等支援業務、臨床開発支援、その4つを柱としています。

WDBココの上場スケジュールなど

主幹事  SMBC日興証券
上場予定 東証マザーズ
業 種  サービス業
想定価格 1,390円
当選枚数 6,578枚
仮条件日 12/6
BB期間 12/9~12/13
公開価格 12/16
申込期間 12/17~12/23
上場日  12/25

※ 記載ミス、スケジュール変更などで、上記と異なる場合があります。

WDBココの総評①

WDBココの業種は「サービス業」(医薬品の安全性情報管理など)ですので、業種の人気は「普通」かと思います。

当選枚数は「6,578枚」と普通程度ですので、その点での需要も普通かと思います。

また、主要株主には「180日」のロックアップ、VCなしSOありになります。

そして、上場直後に行使できるSOはないので、その点での需要は良いと思います。

会社の業績は、売上及び利益は年々延びていますので、業績の不安は少ないと思います。

WDBココの総評②

WDBココの業態は、医薬品の安全性情報管理などになりますので、業態の人気は「普通」かと思います。

また、医薬系の業態については、今後延びる産業の一つになると思いますので、今後に期待できると思います。

また、需要は普通程度で、業績を見ると年々延びていますので、悪くないと思います。

総評は、今後に期待できる医薬系で、需要も業績も悪くないと思いますので、相応の初値になると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました