株や投資をする人に必見の金融映画「ウォール・ストリート」 | 貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ

株や投資をする人に必見の金融映画「ウォール・ストリート」

スポンサーリンク

映画「ウォール・ストリート」

ウォール・ストリートについて

ウォール・ストリートは、大ヒットした1987年の映画「ウォール街」の続編であり、前作に続き「オリバー・ストーン氏」が監督を務めています。

内容は、マイケル・ダグラス扮するゲッコー(ゴードン・ゲッコー)の映画、ウォール街後の話しになります。

参考記事:株や投資をする人に必見の金融映画「ウォール街」

余談になりますが、安倍首相がニューヨーク証券取引所(2016/9/25)に訪れた際に、演説をしたそうなのですが・・・

その演説で、ゲッコーのセリフ「Buy my book」をもじり「Buy my Abenomics」(アベノミクスを買え!)と発言したそうです。

あらすじ

ゲッコーは、インサイダー取引と証券詐欺罪で、懲役8年の刑を受け後に出所します。

そして、懲役8年の服役を終えたゲッコーは、カリスマ投資家の面影は消え、すっかり過去の人と成り果てていました。

その7年後、ウォール街で働くトレーダーのジェイコブが勤務する、証券会社のKZI社の株価が突然急落し破綻してしまう。

そして、ジェイコブの恩人で経営者のルイスは自殺し、自社株に投資していたジェイコブも資産を失ってしまう。

その後、勤め先が経営破たんしてしまい、追い込まれたジェイコブは、恋人の父親であるゲッコーに近づき、ある提案を持ちかける。

映画を見た感想

私の個人的な感想は、前回のウォール街ほど感動というか面白さはなく、少し拍子抜けしてしまう作品でした。

それは、金融的な映画というよりも、むしろホームドラマとかラブストーリといった感じが、強い映画だと感じたからです。

そこで、ウォール街の続きの映画であるならば、もっと金融色を強く濃く出して欲しいと感じました。

また、前回のウォール街の内容を知らないと、理解しにくいシーン(内容)もありました。

そして、全体的には悪くない作品だと思いますが、私的にはガッカリする内容でした。

他の記事も読む:株や投資をする人に必見の金融映画まとめ一覧

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました