SBI・V(VTI)・全米株式が話題沸騰中!

スポンサーリンク

SBI・V(VTI)・全米株式

今まで、低コストのETFで「VTI」(全米株式)に投資したいと思っても、楽天でしかできませんでした。

その名も「楽天・全米株式」(楽天VTI)です。

SBIの方がコストが安い!

ところが、SBIでもVTIに投資できるようになるとのことで、youtubeやブログなどで話題になっています。

何がそんなに話題なのかというと、同じVTIでも楽天よりSBIの方が、コストが安くなるといわれているからです。

(コストの詳細については、上記の動画をご覧下さい。)

コストが安いのですから、楽天からSBIに乗り換えるとか、楽天ではなくSBIで買うとか、そういった人が増えると思います。

総合的に見て、SBIの方がETFだけでなく、何かと種類が豊富で手数料も安いので、メインに使っている人は多いと思います。

ちなみに、私も個別株やETFなどを買うときは、SBIがメインになっています。

SBIが優位かな

ただし、この状況を楽天が黙って見ているとは思えないので、楽天もコストを下げてくると思います。

そうなると、SBIで取引するか楽天で取引するかで、迷うことになると思います。

まず、SBIの方がコストが安いというのは、あくまでも予想であって、確定事項ではありません。(ほぼ確定だと思いますが)

また、SBIでは6/30から「クレカ積立」(三井住友カード)ができるようになります。

詳細:いよいよ始まるSBI証券のクレカ積立

そのことも加味で考えると、やはりSBIの方が優位なのかなと思います。

楽天でもクレジットカードで積立ができますが、ポイントバックは「1%」で、それに対してSBIは「1.5%」になります。

最後に

そういったことなどを考えると、私がVTIを買うとして現状が変わらなければ、迷わずSBIで買うと思います。

ただし、こういった話題性だけで釣られて買ってしまうと、後々後悔することも。

それは、現状の株価は高いといわれていて、今後大きく下げる可能性があるからです。

その場合、VTIを買ったのはいいけれど、結局下がってしまったとなれば、後々買わなければ良かったとなるからです。

投資は周りの雑音の釣られることなく慎重にって話しです。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました