IPO初値予想「ヴィス」考察と直前予想 | 貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ

IPO初値予想「ヴィス」考察と直前予想

スポンサーリンク

IPO初値予想「ヴィス」

上場日:2020/3/25

市場:東証マザーズ

業種:建設業

公開株数:2,242,500株

公開価格:820円

主幹事:大和証券

事業内容:オフィス空間の設計デザイン・施工を行うデザイナーズオフィス事業など

ヴィスの考察①

業種は「建設業」(デザイナーズオフィス事業など)ですので、業種の人気は「低い」と思います。

公開株数は「2,242,500株」と多いので、その点での需要は良いとはいえないと思います。

また、主要株主には「1.5倍or90日」のロックアップ、VCなしSOありになります。

そして、上場直後に行使できるSOは、気になる程度の枚数ですので、その点での需要は普通かと思います。

会社の業績は、売上及び利益は年々延びていますので、業績の不安は少ないと思います。

ヴィスの考察②

業態は、デザイナーズオフィス事業などですので、業態の人気は「低い」と思います。

ただし、オフィス空間のデザインなどを行っているということで、建設業といっても一定の差別化ができている点は良いと思います。

また、吸収金額を見ると、その点での需要は良いとはいえませんが、業績は良いと思います。

考察としては、業績は良いと思いますが、それ以外のメリットは少なく、厳しい初値になると予想します。

さらに、新型コロナの影響で地合いは悪いと思いますので、その点でも厳しいと思います。

初値予想

評価:D(2)
初値予想:820円以下

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました