IPO仮条件「バリオセキュア」BBスタンスと初値予想

スポンサーリンク

バリオセキュアの仮条件について

本日発表された「バリオセキュア」の仮条件について

その内容は、想定価格「2,080円」に対して、仮条件は「1,600円~1,700円」でした。

その仮条件を見て私が思ったのは、妥当な仮条件だと感じました。

その理由は、現在の新型肝炎の影響で、地合いが悪化しているからです。

また、吸収金額も大きいので、需要的に弱いと思います。

バリオセキュアについて

業態は「ネットワークセキュリティ機器と独自監視システムによる運用など」ですので、業態の人気は「高い」と思います。

また、セキュリティ関連は人気が高いので、その点も良いと思います。

ただし、吸収金額が大きいなどで、需要的に弱含みになると思います。

また、会社の業績を見ると売上及び利益は年々延びていますので、その点はプラス材料になると思います。

BBで気になること

BBで気になることは、吸収金額が大きいなどで、需要的に弱含みになることです。

そして、直近のIPOを見ると、吸収金額が大きい大型IPOについては、どれも残念な結果になっています。

そこで、バリオセキュアについても、厳しいところがあると思います。

それでも、業態の人気は高いと思いますので、その点は良いと思います。

さらに、主幹事は安定感がある「野村証券」になりますので、その点もメリットになると思います。

BBスタンスと初値予想

今回のBBスタンスは「不参加」の予定でいます。

その理由は、吸収金額が大きいなどで、需要的に厳しいと思うからです。

また、新型肝炎の影響も加味すると、厳しいところがあると思います。

ただし、今後地合いが好転すれば、公募割れを回避できる可能性があると思います。

また、現時点での初値予想は「公開価格前後」と予想しています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました