IPO初値予想「VALUENEX」期待のSBI主幹事の上場です!

スポンサーリンク

IPO初値予想「VALUENEX」

上場日:2018/10/30

市場:東証マザーズ

業種:情報・通信業

公開株数:511,700

公開価格:1,840円

主幹事:SBI証券

事業内容:特許・文書解析ツール「TechRadar」、「DocRadar」のASPライセンスサービスおよびこれを用いたコンサルティングサービスの提供

VALUENEXの考察①

VALUENEXの業種は「情報・通信業」(特許・文書解析ツールのサービスなど)になりますので、業種の人気としては「高い」と思います。

公開枚数は「511,700株」で、少な目ですので、その点での需要は良いと思います。

また、主要大株主には、掛かりが甘い「90日or1.5倍」のロックアップ、VCありSOありになります。

そして、上場直後に行使できるVC及びSOは、そこそこ枚数がありますので、その点での需要は良いとはいえないと思います。

会社の売上や利益については、去年の利益は「赤字」になっていますので、業績について不安があるとと思います。

VALUENEXの考察②

VALUENEXの業態については、IPOでは人気が高いIT系で、ASP、ビッグデータ、AIなどのキーワードを含んでいます。

ですので、業態の人気としては、かなり高いと思います。

しかし、需要を見ると多くのVCがあることや、業績も良いとはいえず、その点はデメリットになると思います。

考察としては、需要や業績は弱いと思いますが、業態の高い人気に買い支えられ、公開価格の2倍超える程度の初値と予想します。

ただし、現在の相場の状況は、良いとはいえないと思いますので、場合によっては、公開価格の2倍以下の初値もあると予想します。

初値予想

評価:A(8)
初値予想:4,000円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!