IPO新規承認「トレードワークス」メリットが多いS級登場!

スポンサーリンク

IPO新規承認「トレードワークス」

このほど「トレードワークス」が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「証券システム開発事業とこれらに付帯するFX(外国為替証拠金取引)システム事業及びセキュリティ診断事業」になっています。

トレードワークスについては、IPOでは人気の「IT系」になりますので、高い人気になると思います。

また、セキュリティー関連はIPOでは人気がありますので、さらに高い人気で、大幅高の初値が期待できる銘柄になると思います。

トレードワークスの上場スケジュールなど

主幹事  岡三証券
上場予定 JQS
想定価格 2,000円
当選枚数 2,415枚
BB期間 11/9~11/15
当選発表 11/16
申込期間 11/20~11/24
上場日  11/29

※ 記載ミス、スケジュール変更など、上記と異なる場合があります。

トレードワークスの総評①

トレードワークスの業種については「IT系」になりますので、業種の人気としては「高い」と思います。

また、セキュリティー関連の事業を行っているということで、人気はさらに一段高くなると思います。

当選枚数(吸収金額)は「2,415枚」と少ない「プラチナチケット」になりますので、その点での需要面は良いと思います。

また、主要大株主には「90日or1.5倍or180日」のロックアップ、VCなしSOなしですので、その点での需要面も良いと思います。

会社の売上や利益は、伸びは少ないですが年々伸びていますので、特に問題ないと思います。

トレードワークスの総評②

トレードワークスの総評としては、IT系で人気が高く、当選枚数が少ないプラチナチケットになりますので、それだけでも高い初値が期待できると思います。

また、ロックアップありVCなしSOなしで需要面も良く、売出し株も少ない、メリットがの多い銘柄になると思います。

ということで、全体的に見ると高い人気になると思いますので、私は全力でBBに参加したいと思っています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!