IPO初値予想「東名」光回線などを提供している企業

スポンサーリンク

IPO初値予想「東名」

上場日:2019/4/3

市場:東証マザーズ

業種:情報・通信業

公開株数:402,500

公開価格:3,290円

主幹事:東海東京証券

事業内容:オフィス光119事業(光回線サービスおよび付帯するサービスの提供)、オフィスソリューション事業(情報通信機器・環境商材の販売、Webサービスの提供)など

東名の考察①

東名の業種は「サービス業」(光回線サービスの提供など)ですので、業種の人気は「低い」と思います。

公開株数は「402,500株」と少ないので、その点での需要は良いと思います。

また、主要株主には「1.5倍or90日or180日」のロックアップ、上場直後に行使できるVC及びSOはないので、その点での需要も良いと思います。

会社の業績は、直近を見ると売上及び利益は伸びていますので、業績について不安は少ないと思います。

東名の考察②

東名の業態は、光回線サービスの提供などですので、業態の人気は「低い」と思います。

また、光回線以外にもオフィスソリューション事業も展開していますが、どれもありきたりですので、業態は人気薄になると思います。

ただし、単独上場などがあり、上場するタイミングは良いと思います。

また、需要はそこそこ良く、業績も堅調に推移していると思います。

考察としては、業態は人気薄ですが、それ以外はメリットが多く、公開価格の1.5倍以上は固いと予想します。

初値予想

評価:B(6)
初値予想:5500円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました