IPO新規承認「東京インフラ・エネルギー投資法人」また太陽光発電ですか!

スポンサーリンク

IPO新規承認「東京インフラ・エネルギー投資法人」

このほど「東京インフラ・エネルギー投資法人」が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「再生可能エネルギー(太陽光などの発電設備)への投資」となっています。

東京インフラ・エネルギー投資法人については、再生可能な発電設備への投資となっていて、投資先の発電設備は、太陽光、風力、バイオマスなどとなっています。

東京インフラ・エネルギー投資法人の上場スケジュールなど

主幹事  野村証券
上場予定 東証インフラ
想定価格 100,000円
当選枚数 45,570口
BB期間 9/10~9/13
当選発表 9/14
申込期間 9/18~9/21
上場日  9/27

※ 記載ミス、スケジュール変更など、上記と異なる場合があります。

東京インフラ・エネルギー投資法人の総評①

東京インフラ・エネルギー投資法人については、インフラ系で多い「再生可能エネルギー」(太陽光、風力、バイオマスなどの電気設備)への投資となっていますので・・・

IPOとしての人気は「低い」と思います。

インフラというと言葉悪いですが、馬鹿の一つ覚えかのように太陽光発電ばかりで、目新しさが全くなく買う理由が見つからない。

そもそもインフラって、太陽光発電(発電設備)だけではないと思うのですが・・・

東京インフラ・エネルギー投資法人の総評②

上記の繰り返しになりますが、投資先に目新しさがなく、IPOとして魅力は薄いと思います。

数年前まで、持てはやされていた再生可能エネルギーですが、特に太陽光発電や風力発電などは、今では下火になっていると思います。

しかし、電気の需要が将来的になくなるとは考えにくく、長期的な目でみれば、電気の需要や配当次第では旨味があるのかもしれません。

とはいえ、IPOとして見ると、直近で上場された同じようなインフラファンドは、残念なことにどれも公募割れしていますので・・・

買う理由が見つからない。というのが本音になると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!