東海ソフトの仮条件とBBスタンスについて

スポンサーリンク

東海ソフトの仮条件について

数日前に発表された「東海ソフト」の仮条件について

その内容は、想定価格「1,290円」に対して、仮条件は「1,410円~1,500円」でした。

その仮条件を見て思ったのは、少し強気かとも思いましたが、想定の範囲内の仮条件だと感じました。

また、それほど高くない公開価格ですので、買いやすい価格帯だと思います。

全力でBBに参加します。

東海ソフトの公開株数は「6,900枚」と、IPOでは普通程度の株数だと思います。

また、上記の繰り返しになりますが、公開価格は買いやすい価格帯だと思いますので・・・

公募割れはないと思いますので、私は全力でBBに参加する予定でいます。

また、IPOで人気のIT系ですので、公募割れする確率は、さらに低いと思います。

BB参加で気になること

BB参加で気になることは、IPOでは不人気の「東証二部上場」であるのと・・・

業績について、売上や利益などが伸びておらず、頭打ちになっていることです。

それでも、業態や需要を見ると、公募割れすることはないと思います。

ということで、全力でBBに参加しても、特に問題ないと思っています。

是非とも当選したい!

BB申し込みについて狙いの証券会社は、主幹事の「野村証券」になると思います。

ただし、野村證券は当選しない証券会社で、有名ですので・・・

野村證券での配分は「600枚」(ネット抽選分)と少ないので、当選するには非常に厳しいと思います。

とにかく、東海ソフトについては、是非とも当選したい案件になると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました