株や投資をする人に必見の金融映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」

スポンサーリンク

映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」

ウルフ・オブ・ウォールストリートは、実在する株式ブローカーの回想録を映画化したものになります。

1980年代から90年代のウォール街で、若くして大金を稼いだジョーダン・ベルフォートの生涯を「レオナルド・ディカプリオ」が演じています。

また、監督はグッドフェローズやディパーテッドで有名な「マーティン・スコセッシ監督」になります。

キャストは、レオナルド・ディカプリオを初めとする豪華なメンバーとなっています。

あらすじ①

22歳の若きジョーダン(レオナルド・ディカプリオ)は、入社した大手証券会社で、株取引の資格を得るために、半年間に渡る研修をようやく終える。

しかし、研修を無事に終えた初日に、ブラックマンデーに遭遇してしまい、あえなく失業してしまう。

失意の中、再就職先で株式仲買人の仕事を始める。

その後、1株6セント足らずで、仲介手数料を50%受け取れるジャンク債で、売り込みの電話を掛ける。

また、自慢の話術を武器に、凄腕と称賛されるほどの頭角を現していく。

あらすじ②

その後、家具屋に勤めていたドニー(ジョナ・ヒル)やマリファナの密売人達を雇い入れて、26歳でストラットン・オークモント社を設立する。

設立した会社は、投資詐欺とマネーロンダリングを中心とした経営でした。

そして、年収4900万ドル(49億円)を荒稼ぎして、ウォール街で「ウルフ」と呼ばれるまでになる。

しかし、強欲に溺れた彼の人生には、大きな転落劇が待ち構えていました。

映画を見た感想

私がこの映画を見た感想は、金融映画ではあるけれど、コメディー色が少し強い映画だと感じました。

ただ、株とか投資とか経済などに疎く(弱く)ても、全体的に良くまとまっていて、楽しく見れる映画だと思いました。

また、レオナルド・ディカプリオが好きという人には、おもしろい映画だと思います。

そして、株や投資などに興味がある人は、見ても損はない映画だと感じました。

他の記事も読む:株や投資をする人に必見の金融映画まとめ一覧

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました