ポートまさかの初値付かずでここまで酷いことになるとは!!

本日上場したポートについて

本日上場した「ポート」について、現在初値が付かない状況になっています。

そして、IPOで初値が付かないといえば、買い方が多くいて初値が付かないというのが、一般的というか普通のことだと思います。

しかし、ポートについては、成売りでも売ることができず、初値が付かないといった状況になっています。

そこで、どの程度の株価で初値が付くのかが、注目を集めています。

私はBB不参加でした。

ポートについては、私は新規承認された当初から、BB不参加と決めていました。

ただし、市場の状況が良くなれば、参加するかもと思っていましたが、市場は回復しませんでしたので、そのままBB不参加としました。

なぜ、私がBB不参加としたのか、その理由が以下になります。

まず、ポートの業態は「インターネットメディア事業」ということだけで、正直いって業態の全容が全く見えませんでした。

ようは、ポートの業態の強みというかメインというか、そういったものが全く見えないと感じていました。

業態の強みが全く見えない。

それは、ただおぼろげにインターネット関連の事業をしている。ということだけは、わかるといった感じでした。

そして、吸収金額は、会社に規模や創業年数や業績などに見合わず大きく、背伸びしている感は否めませんでした。

それでも、IPOでは人気の「IT系」ですので、吸収できる見込みがあり、公開価格を決めたのだと思います。

さらに、業績は赤字続きで、それをいうなればIPOでありがちな「赤字バイオベンチャー」と同じような感じで・・・

そこを無理してBBに参加するという選択は、私にはできませんでした。

上場ゴールか!?

また、売出株が多く、さらにVCはジャブジャブで多くあり、見たからに「出口案件」といった感じで・・・

場合によっては「上場ゴール」になる可能性もあると思っていました。

ということで、買いたいと思えるような材料が全くなく、最終的にポートについては、BB不参加としました。

とはいえ、仮に公募割れしたとしても、大したダメージはないと思っていました。

しかし、フタを開けてみると私の予想に反して、下限でも初値が付かないといった状況になっています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

IPO 日記
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ
タイトルとURLをコピーしました