12月のIPOは公募割れ続出で酷い状況ですね。

スポンサーリンク

公募割れ続出

12月のIPOで、今日の上場までで公募割れしたIPOは、以下の通りになります。

・のむら産業

・ネットプロテクションズ

・YCPホールディングス

・ライフドリンクカンパニー

・THECOO

・サインド

・Finatext

・リニューアブル・ジャパン

18社上場中、上記の「8社」が公募割れとなりました。

さらに、JDSCは手数料負け、True Dataはギリで手数料負けにならなかったですが…

実際は上場した半数以上(10社)が、公募割れと言った感じになると思います。

酷い状況

上記を見ると、事前にある程度予想できたとは言え、何とも酷い状況だと思います。

ここまでIPOが公募割れするなんて、私の記憶が確かならば、今まで見たことがありません。

それだけ「今のIPOは低迷してる。」と言うことになると思います。

それにしても、酷いのが「THECOO」で、値嵩株なので仕方ないとは思いますが…

初値売りで「11万円」(終値なら21万円)のマイナスって、相当酷いと思います。

こんな酷い値付(公開価格)を、誰が決めたのでしょうか?

みずほ(主幹事)らしい値付と言えば、みずほらしいとは思いますが。

最後に

上記の中でも「ネットプロテクションズ」が公募割れしたのは、私にとってビックリな出来事でした。

私はBB不参加でしたが、後から考えると「失敗した!」と思うぐらい、BB不参加だったことを後悔していました。

そのぐらい公募割れはないと思っていました。

あと、私の予想外に高い初値を付けたのが「湖北工業」で、全くのノーマークでした。

多分「日本電解」(似た業種)の件があって、買われたのだと思いますが、現在の株価を見ると、順調に推移していると思います。

※ 日本電解の件とは、上場後にテレ東で紹介されて、その後倍以上の株価になりました。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました