IPO初値予想「テノ.ホールディングス」再承認案件になります。

スポンサーリンク

IPO初値予想「テノ.ホールディングス」

上場日:2018/12/21

市場:東証マザーズ

業種:サービス業

公開株数:402,500

公開価格:1,920円

主幹事:野村証券

事業内容:直営保育所・受託保育所の運営、幼稚園や保育所に対する保育士派遣、ベビーシッターサービス・ハウスサービスの提供、tenoSCHOOL(保育士養成講座など)の運営

テノ.ホールディングスの考察①

テノ.ホールディングスの業種は「サービス業」(保育所の運営や保育士の派遣など)になりますので、業種の人気としては「普通」かと思います。

公開枚数は「402,500株」と少ないので、その点での需要は良いと思います。

また、主要大株主には「1.5倍or90日」のロックアップ、VCありSOありになります。

そして、上場直後に行使できるVC及びSOは、気になる程度の枚数ですので、その点での需要は普通かと思います。

会社の売上や利益については、売上及び利益は年々伸びていますので、業績の不安は少ないと思います。

ただし、テノ.ホールディングスの設立は、平成27年と設立が浅いので、業績の評価は難しいところです。

テノ.ホールディングスの考察②

テノ.ホールディングスの業態は、保育所の運営や保育士の派遣などということで、業態の人気としては「普通」かと思います。

また、業態的に保育に特化している点は評価できますが、今後の少子化のことを考えると、評価はマチマチになると思います。

それ以外では、一度上場を中止してからの再承認ということで、その点はデメリットになると思います。

考察としては、可もなく不可もなくといった感じですが、需要的に悪くないと思いますので、相応の初値になると予想します。

初値予想

評価:B(6)
初値予想:3,500円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!