当選したタスキのその後と直近の当落結果など

スポンサーリンク

当選したタスキのその後①

SBI証券で当選した「タスキ」ですが、結局「初値売り」しました。


上場初日、初値売りするかで凄く悩みました。

なぜそれほど悩んでいたのか?

それは、直近で上場したIPOを見ると株価は大きく上げていて、調子が良いIPOが多かったからです。

そこで、初値売りしなければ初値売りするよりも、利益が多く取れると思ったからです。

当選したタスキのその後②

しかし、上場日当日は仕事があり相場というか、板を見ることができませんでした。

そして、初値売りしなければ多く利益が取れる可能性がある反面、初値を割って利益を失う可能性もありました。

それを両天秤に掛けると、ほぼ確実に利益が取れるIPOで、利益を失うとか私には御法度ということで、通常通り初値売りしました。

これが仮に板に張り付けていたら、状況を見て初値売りしなかったかもしれません。

そして結果は、初値を付けた後は「ストップ高」になり「初値売りして失敗した!」と、初値売りしたことを後悔しました。

ただし、その後は初値以下の株価になっていますので、結果的に初値売りして正解だったと思います。

直近の当落結果

直近のIPOの当落結果については以下になります。

・日通システム・・・落選

主幹事は「野村証券」でしたので、例によって例のごとく落選必至の案件。

それでも公開株数がそこそこ多かったので、もしかしたらがあるかもと思いましたが、予想通り落選でした。

・アースインフィニティ・・・落選

最近相性が良い「みずほ証券」が主幹事でしたので、当選を期待していましたが…

公開株数が少ない上に当選が難しいみずほ証券では、当選するはずもなく補欠にも掛からずの落選でした。

最後に

今後については、公開株数がそこそこ多い「カラダノート」は、主幹事がみずほ証券ですので、当選を期待したいところです。

また「プレミアアンチエイジング」と「さくらさくプラス」については…

プレミアアンチエイジングは野村證券主幹事、さくらさくプラスは日興主幹事ですので、いつものように落選だと思います。

そして「Retty」は公開株数が多く、主幹事は私と相性が良い大和証券ですので、こちらも当選を期待しています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました