IPO新規承認「SYSホールディングス」当選の期待大!?

スポンサーリンク

IPO新規承認「SYSホールディングス」

このほど「SYSホールディングス」が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「ITシステム開発(グローバル製造業、社会情報インフラ、モバイル)及びITソリューション・サービスの提供を中核とする総合情報サービス事業」となっています。

SYSホールディングスは、IPOでは人気のIT系で当選枚数も少ないので、初値上昇の期待が持てる案件だと思います。

SYSホールディングスの上場スケジュールなど

主幹事  東海東京証券
市場   JQS
想定価格 2,560円
当選枚数 3,450枚
BB期間 6/14~6/20
当選発表 6/21
申込期間 6/22~6/27
上場日  6/30

※ 記載ミス、スケジュール変更など、上記と異なる場合があります。

SYSホールディングスの総評①

SYSホールディングスの業種については「IT系」ということで、IPOの人気としては「強い」と思います。

当選枚数(吸収金額)は「少な目」ですので、それだけでも公募割れはなく、そこそこ高い初値になると思います。

主要大株主には、ほぼ「180倍」のロックアップ、VCなしSOなしですので、その点での需要面は良い思います。

また、会社の売上については、直近年を見ると「横ばい」(並行)に推移していますので、売上的に頭打ち感が見えます。

SYSホールディングスの総評②

SYSホールディングスの総評としては、IPOでは人気のIT系、当選枚数は少な目となっていますので、そこそこ高い初値になると思います。

ただし、IT系とはいっても業務内に目新しさはなく、売上に頭打ち感がありますので、それはデメリットになると思います。

また、東海東京証券が主幹事だということで、他の大手証券会社に比べると若干ですが、当選しやすいのかなと思っています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!