IPO初値予想「システムサポート」上場するタイミング良し!

スポンサーリンク

IPO初値予想「システムサポート」

上場日:2018/8/2

市場:東証マザーズ

業種:情報・通信業

公開株数:747,500

公開価格:1,750円

主幹事:大和証券

事業:IT(情報技術)システム開発、データベース(Oracle)やクラウド(AWS/Azure)の移行・基盤構築、ERP(SAP)の導入・運用保守、データセンター運営、自社パッケージソフトの開発・販売

システムサポートの考察①

システムサポートの業種は「情報・通信業」(IT系)になりますので、業種の人気としては「高い」と思います。

公開枚数は「747,500株」と普通程度ですので、その点での需要面も普通かと思います。

また、主要大株主には「90日or1.5倍」のロックアップ、VCなしSOありですが、上場直後に行使できる枚数はないので、その点での需要面は良いと思います。

会社の売上や利益については、売上及び利益は伸びていますので、業績について不安は少ないと思います。

システムサポートの考察②

システムサポートの考察としては、業態は「IT系」ということで、業態の人気としては高いと思います。

ただし、オラクル(データベース)やERPなどは、ITとしては多くある業態ですので、人気としては、一段落ちるのかなと思います。

また、公開株数は普通程度で業績は悪くはなく、しばらくIPOがない状況での上場でタイミングが良いので、買いが集まりやすい状況だと思います。

最終的に、メリットが多いIPOになると思いますので、初値は大きく上げると予想します。

初値予想

評価:S(9)
初値予想:4,375円以上

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!