IPO初値予想「ステムリム」状況は厳しいと思います。

スポンサーリンク

IPO初値予想「ステムリム」

上場日:2019/8/9

市場:東証マザーズ

業種:医薬品

公開株数:9,660,000

公開価格:1,000円

主幹事:SMBC日興証券

事業内容:生体内に存在する幹細胞を活性化し、損傷組織の再生を誘導する医薬品・医療機器および遺伝子治療など製品の研究、開発、製造、販売

ステムリムの考察①

ステムリムの業種は「医薬品」(医薬品、医療機器、遺伝子治療など、製品の研究など)ですので、業種の人気は「普通」かと思います。

公開株数は「9,660,000株」と多いので、その点での需要は良いとはいえないと思います。

また、主要大株主には「180日」のロックアップ、VCありSOありになります。

そして、上場直後に行使できるVC及びSOは多いので、その点での需要も良いとはいえないと思います。

会社の業績は、典型的な「赤字バイオ」になりますので、業績に不安があると思います。

ステムリムの考察②

ステムリムの業態は、医薬品、医療機器、遺伝子治療など、製品の研究などになりますので、業態の人気は「高い」と思います。

ただし、どれも研究・開発段階のものが多く、製品として供給されるかは、今後の成果次第になると思います。

また、業態として将来性はあると思いますが、未知数である部分が大きく、判断が難しいところもあると思います。

考察としては、業態は良いと思いますが、それ以外では、コレといったメリットはないと思います。

さらに、地合いが良くないこともあり、今回は「公募割れ」の可能性が高いと予想します。

初値予想

評価:D(2)
初値予想:1000円以下

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました