IPO仮条件「ステムリム」大幅ディスカントも買い手はなし!?

スポンサーリンク

ステムリムの仮条件について

昨日発表された「ステムリム」の仮条件について

その内容は、想定価格「3,050円」に対して、仮条件は「1,000円~1,700円」でした。

その仮条件を見て私が思ったのは、超が付く弱気な仮条件だと感じました。

そして、これほど大きく仮条件を下げたということは、裏を返せば、それだけ人気がないことになると思います。

そして、新規承認された直後から上場内容を見て、悲観する声が多かったと思います

ステムリムについて

ステムリムの業態は「再生誘導医薬」ということで、業態としての人気は高いと思います。

ただし、業績は赤字続きのいわゆる「赤字バイオ」になります。

また、吸収金額が大きい「大型IPO」になりますので、需要的にも弱いと思います。

さらに、上場直後に行使できる、VC及びSOが大量にあり・・・

その内訳は、例えば「5円以下」で行使できるSOが「6,000,000株以上」もあります。

BBで気になること

BBで気になるのは、業績は赤字続きの赤字バイオ、吸収金額が大きい大型IPO

また、上場直後に行使できる、VC及びSOが大量にあることです。

これだけのデメリットがそろってしまうと、厳しいとしかいいようがないと思います。

そこで、大幅に仮条件を下げていますが、厳しい状況は変わらないと思います。

その理由は、仮条件を大幅に下げたということは、人気がないことの裏返しだからです。

ただし、仮条件下限で決まれば、想定価格の1/3で買えますので、安く買うことができます。

最後に

今回は、大幅に仮条件を下げましたので、安く仕込めるチャンスかもしれません。

また、人気はかなり低いと思いますので、当選しやすいというのもあると思います。

そこで、BBに参加して当選を取りたい気持ちもあるのですが、ギャンブル的な要素が強いと思います。

ということで、私は今のところ「BB不参加」の予定でいます。

また、直近のIPOを見ると、地合いが良くないこともありますので、無理する必要はないとも思っています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました