IPO仮条件「SREホールディングス」BBスタンスと初値予想

スポンサーリンク

SREホールディングスの仮条件について

昨日発表された「SREホールディングス」の仮条件について

その内容は、想定価格「2,975円」に対して、仮条件は「2,550円~2,650円」でした。

その仮条件を見て私が思ったのは、中立的な仮条件だと感じました。

その理由は「不動産業」になりますので、業種の人気は「低い」と思うからです。

ただし、AIを使った「不動産売買プラットフォーム」なども提供していますので…

そこで、IPOで人気のIT関連も絡んでいますので、その点は評価が高いと思います。

SREホールディングスについて

SREホールディングスの業態は「不動産事業など」になりますので、業態の人気は「低い」と思います。

ただし、不動産以外に、ITプラットフォーム事業、AIソリューション事業もしています。

そこで、IPOではIT関連は人気がありますので、業態の人気は一段上がると思います。

主要株主には「180日」のロックアップ、VCなしSOありになります。

そして、上場直後に行使できるSOは、気になる程度の枚数ですので、その点での需要は良いと思います。

会社の業績は、売上及び利益は延び傾向ですので、業績の不安は少ないと思います。

BBで気になること

BBで気になることは、吸収金額が大きい「大型IPO」になりますので、需要的に「弱い」ところです。

また、人気薄の不動産業ですので、さらに需要は「弱含み」になると思います。

それでも、IT関連の事業を行っていることは、プラス材料だと思います。

また、SREホールディングスは「ソニーグルプ」になりますので、バックヤードは良いと思います。

そこで、今後の成長に期待でき部分もあると思います。

最後に

今回のBBスタンスは「不参加」にしたいと思います。

その理由は、吸収金額が大きいことで、需要的に弱いと思うからです。

また、仮条件を下げたことで、人気がない様子がうかがえるのも、マイナスだと思います。

さらに、コレといった材料というか強みもないと思いますので、BB不参加としました。

そして、現時点での初値予想は「公開価格前後」と予想しています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました