IPO仮条件「スポーツフィールド」BBスタンスと初値予想 | 貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ

IPO仮条件「スポーツフィールド」BBスタンスと初値予想

スポンサーリンク

スポーツフィールドの仮条件について

今日発表された「スポーツフィールド」の仮条件について

その内容は、想定価格「2,650円」に対して、仮条件は「2,570円~2,730円」でした。

その仮条件を見て私が思ったのは、少々弱気な仮条件だと感じました。

その理由は、吸収金額が少ないので、需要的に良いと思うからです。

また、今年最後のIPOになりますので、統計的に株価が上がりやすいと思うからです。

スポーツフィールドについて

スポーツフィールドの業態は「スポーツ人財の採用支援サービスなど」ですので、業態の人気は「普通」かと思います。

また、人材系はIPOでは多いので、荷もたれ感がありますが、スポーツ人財に特化している点は、評価できると思います。

主要株主には「90日or180日」のロックアップ、VCなしSOありになります。

そして、上場直後に行使できるSOは少ないので、その点での需要は良いと思います。

会社の業績は、売上及び利益は延び傾向にありますので、業績の不安は少ないと思います。

BBで気になること

BBで気になることは、特にないと思います。

その理由としては、業態は悪くはなく、吸収金額が少ないので需要は良く、業績も悪くないと思うからです。

業態は、人材系でもスポーツ人財に特化していますので、通常の人材系とは違い、切り分けができていると思います。

また、吸収金額が少ないので、需要も良いと思います。

さらに、今年最後のIPOになりますので、ご祝儀で上がりやすいのも良いと思います。

最後に

今回のBBスタンスは、全力で参加したいとと思います。

その理由は、大きなデメリットはなく、メリットが多いIPOだと思うからです。

しかし、主幹事は「SMBC日興証券」で、さらに当選枚数が少ないので、当選するのはかなり難しいと思います。

また、現時点での初値予想は、公開価格の「1.5倍以上」は固いと予想しています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました