前評判が悪いというか悪すぎるソフトバンクのIPOについて

スポンサーリンク

ソフトバンクの話題性は高い

今月の12日にソフトバンクが新規承認されたことが発表されました。

そして、12日には私も含めどのIPOブログも、ソフトバンクが新規承認されたニュースのことを書いていたと思います。

さらに、翌日のブログ村の人気記事を見ると、ソフトバンクの記事がほぼ占領していました。

それだけソフトバンクの新規承認のニュースは、話題性が高く注目されていたと思います。

前評判が悪すぎる!

そして、12日から3日間が経って、ブログや掲示板などの書き込みを読むと・・・

悪い悪いのオンパレードで、ここまで前評判が悪いIPOも珍しいと思いました。

その理由の一つは、超大型IPOになりますので、吸収金額が大きいことの懸念です。

公開株数は、日本だけでも15億株を超え、想定価格は1500円になっていますので、すでに2兆を超えています。

そして、今後発表される仮条件が上がれば、3兆を超える可能性もあります。

2兆以上も吸収できるの?

ただし、吸収金額が大きい案件ですので、仮条件が大きく上振れする可能性は、かなり低いと思います。

そこで、いくら話題性が高いとはいえ、2兆を超える額を吸収できるのかということです。

次には、同業他社より株価が「割高」だという意見です。

同業他社とは、ドコモやKDDI(au)のことで、同社と比較するなら「1000円程度」が、妥当との声もあります。

私には、何をもって1000円が妥当なのか、よくわかりませんが、想定価格が1500円は高い。との意見が多いということです。

BB参加どうするか迷う!

正直ここまで前評判が悪いとは、全く思っていなかったので、少し残念に思っているところがあります。

それは、私のような弱小投資家がまともに当選できるIPOは、今回のソフトバンクのような大型IPOが、ほとんどだからです。

そこで、複数当選できれば、多少でも利益が取れると考えていたからで・・・

しかし、前評判がここまで悪いと、BB参加をどうするか考えてしまいます。

ただし、前評判が悪いのは、それだけ話題性が高いことの裏返しだと思っています。

結局は地合い次第!?

また、例えば想定価格が1500円ではなく、1200円だったとしても1000円だったとしても、株価が高いとの声はあったと思います。

結局、上場日当日の地合いをどう考えるのかと・・・

配当性が高いことや、孫さんが今後活躍する期待などを含めて、買えるか買えないかの判断になると思います。

そして、過去の超大型IPOの初値を見ると、ソフトバンクが公募割れする可能性は低いと読むのですが、さてどうなるか?

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

IPO 日記
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ