ソフトバンクの初値はどうなるのか過去のIPOと比較してみました。

スポンサーリンク

ソフトバンクが12月に上場予定

つい先日「ソフトバンク」が、今年の12月の上場に向けて上場を申請していて、調整しているとのニュースが入りました。

それは、あくまでも上場を申請しているというだけであって、上場するとまだ決まったわけではありません。

しかし、上場するとの予想が大方で余程の不備などがない限り、ニュースになるぐらいですので上場することになると思います。

そこで、ソフトバンクが上場することになった場合、初値はどうなるのかと思い、過去に上場された大型IPOと比較してみました。

過去のIPOの時価総額の順位

1位 日本郵政

2位 ゆうちょ銀行

3位 かんぽ生命

4位 第一生命保険

5位 大塚HD

6位 リクルートHD

7位 LINE

※ 過去10年間の順位になります。

上記のIPOで公募割れはあったのか?

そして、上場を申請しているソフトバンクについては、時価総額が「10兆円」といわれていますので・・・

その順位としては、日本郵政の「7兆円」を抜いて「1位」になり、過去10年間のIPOを見ると時価総額で、最大規模のIPOということになります。

そこで気になるのが、上場された場合の「初値」になると思います。

そして、上記の日本郵政を始めとする7社のうち、公募割れしたIPOはありません。

公募割れはないと予想します。

ということで、私の勝手な予想になりますが・・・

上場を申請しているソフトバンクについても、上記の7社と同様に、公募割れする可能性は低いと予想します。

ただし、あくまでも私の勝手な予想になりますので、上場するタイミングや地合いなどで、公募割れする可能性もあると思います。

それは、あくまでも過去の大型IPOと比較すると、公募割れする可能性は低いと思う。という話しになります。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

IPO 日記
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ