ソフトバンクのIPOに1億6000万もの大金を投資した男性の末路

ソフトバンク株を1億6000万購入

いまさらといっては何ですが、ネットを徘徊していたところ・・・

ソフトバンクが上場した後の記事で、ソフトバンクのIPOに「1億6000万」もの大金を投資していた人がいたそうです。

その人の名前は、個人投資家の「たけしさん」という人です。

たけしさんは、上記に書いたように、ソフトバンクのIPOに、約1億6000万(10万6600株)を投資しました。

そして、ソフトバンクの初値の結果は、IPO投資をしている人なら、誰もが知っていると思いますが・・・

ソフトバンク株で1500万の損失

ソフトバンクは、公開価格「1500円」に対して、初値は「1463円」(-37円)になり、公募割れしてしまいました。

そこで、仮にたけしさんが損切りして、初値で売っていれば、その損失としては「約400万」で済んていました。

しかし、たけしさんは「それぐらいの損失は覚悟していた。」と、初値で売ることはせず、その後株価はズルズルと落ちてしまい・・・

気付いたときには、1500万もの損失になっていたそうです。そして、たけしさんの記事はここで終了しています。

ですので、その後のたけしさんが、ソフトバンク株をどうしたかは不明です。

大量当選するIPOは注意

仮に上場初日の終値は「1282円」でしたので、終値で売っていれば「2300万以上」の損失になっています。

また、昨日の終値は「1271円」でしたので、仮に売らずにまだ持っていたとしたら、さらに損失は拡大しています。

そして、こういった記事を読むと、ソフトバンクのような大量に当選するIPOは、危険だなと感じました。

それは、大量に当選するIPOは、それだけリスクも高いからです。

また、リスクが高いIPOを大量に保有した場合、当たれば利益は大きいと思いますが、外せば損失も大きくなります。

IPOは初値売りがベスト!?

IPOについては、基本的に「初値売り」するのが良いと思っています。

ただし、どの銘柄も初値売りすれば良いというわけではなく、場合によっては持ち越すのもアリだと思います。

しかし、その判断は地合いなどを見て、状況を判断しなければなりませんので、非常に難しいと思います。

そして、その判断が付かないのであれば、やはり初値売りするのが、IPOではベストなのかなと思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

IPO 日記
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ
タイトルとURLをコピーしました