ソフトバンクが新規承認された当初に実行しようと思っていたこと

スポンサーリンク

ソフトバンクが新規承認された当初について

ソフトバンクが新規承認された当初は、IPO投資をやっている人の多くは、相当喜んだと思います。

それは、ソフトバンクは超大型IPOになりますので、複数当選のチャンスがあり・・・

さらに、複数当選できれば、そこそこの利益になると思っていたからです。

それをいうなれば、2015年に上場された「日本郵政」のときのように・・・

多くの証券会社からBBに参加して、一枚でも多く当選を集められれば、相応の利益になると思ったからです。

日本郵政の例

実際、日本郵政が上場したときは、多くの人が利益を手にしたと思います。

特に資金をフル活用して、店頭などを使い多くの郵政株を集められた人は、相当大きな利益になったと思います。

そして、ソフトバンクが新規承認された当初は・・・

上記の日本郵政のときと同じで、相応の利益が出る可能性がある。と思っていた人も多かったと思います。

そして、私自身もそう思っていました。

店頭を使うことを考える。

そこで、一枚でも多くソフトバンク株を集める方法は、何かないかと考えたときに・・・

店頭でお願いすればと思い、それが真っ先に思い浮かびました。

そこで、店頭でお願いする候補を決め、まず最初に浮かんだ証券会社は、主幹事の「野村証券」でした。

ただし、私みたいな弱小(小口)投資家など、野村証券は相手にしないと思いますので、あくまでもダメ元でと思っていました。

それ以外では、大手のSMBC日興証券、みずほ証券、大和証券、その4社を選びました。

全て水の泡と消える。

さらに、私程度の資金では少ないと思いましたが・・・

証券会社にすぐ資金を移動できるように、メインバンクに資金を集中させました。

しかしその後は、想定価格が高いとか、サウジアラビアの問題とか、ファーウェイの問題とか、通信障害など・・・

いろいろな問題が起きてしまい、当初の予定だった店頭を使うという考えは、実行されることなく終了しました。

結局、ああだこうだと考えていたことは、全て水の泡と消えてしまいました。

ソフトバンクには期待していたのですが…

正直、私のような弱小投資家でも、まともに当選を取れるIPOとなると・・・

ソフトバンクも含めた超大型IPOしかなく、そういった意味でソフトバンクには、大いに期待していました。

しかし、今回私はBBに参加しませんでしたので、ソフトバンクで利益を取れる可能性はなくなりました。

そしてその代わりとして、損をすることもなくなりました。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

IPO 日記
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ