ソフトバンクのグレーマーケットのその後の状況と海外投資家の動向について

スポンサーリンク

グレーマーケットのその後について

ソフトバンクがグレーマーケットで「1510円」(公開価格1500円)で、買いが入っているようだと前回書きました。

参考URL:ソフトバンクのIPOについて現在の話題をまとめてみました。

しかしその後は、残念なことに「1500円前後」と「10円」少ないですが、取引価格が落ちてしまったようです。

ただし、10円のことなので、現状に大差はないと思いますが・・・

しかし、吸収金額が大きいIPOになりますので、すでに購入している人は多く、10円の差でも気になると思います。

海外投資家の動向について

海外投資家の動向については、予想以上に人気があるようで・・・

外機関投資家からの需要が、売り出し割当数の3倍以上に達しているようです。

ちなみに、国内投資家からの需要は、2倍程度の需要があったようです。

ただし、ブルームバーグの記事を読むと、情報元をはっきりと書いていませんので、何ともいえないところがあると思います。

参考記事:ブルームバーグ(Bloomberg)

現在の市場の状況について

また、現状の市場の状況は、決して良いとはいえず・・・

このままの状況で行くと、ソフトバンクが上場したときの初値に、少なからず影響があると思います。

ただし、その逆もありきで、19日までに市場が好転すれば、ソフトバンクの初値に良い影響を与えると思います。

その辺は、19日の上場日になってみないと、何ともいえないと思いますが、現状の市場の状況は、良いとはいえないと思います。

最後に

また、直近で上場されたIPOの初値については・・・

アルーとピアラは、予想以下の初値になり、アルテリア・ネットワークスについては、残念なことに公募割れでした。

また、FUJIジャパンとオーウエルについても、初値は決して良いとはいえなかったと思います。

そういったことなどを考えると、ソフトバンクの上場については、現時点では不利に動いているのかなと思います。

ただし、今後のIPOのことを考えると、公募割れだけは何としても避けて欲しい。と思っています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!