ソフトバンクの仮条件はまさかの値幅なしの1500円で決定って!!

スポンサーリンク

ソフトバンクの仮条件について

ソフトバンクの仮条件が本日発表されました。

その仮条件は、想定価格「1500円」に対して「1500円」に決まりました。

まさかの値幅なしの「一本値」で、想定価格と同じ「同値」でした。

そして、仮条件を見た私の感想は「ん~~~!?」といった、微妙な感じでした。

仮条件は高い!?

ネットで、ソフトバンクの前評判を私が調べた限りでは、公開価格が1500円は高いとの意見が、圧倒的に多いと感じました。

そこで、仮条件は下げてくる可能性がある。と思っていたのですが、同値になるとは、可もなく不可もなくというか・・・

そして、仮条件を下げなかったということは、事前調査で1500円でも買われる公算が大きい。と読んでのことだと思います。

とはいえ逆もありきで、仮条件を上げなかったということは、それほど人気がないとも読めると思います。

とにかく迷いますね。

私は、仮条件が1500円より大幅に安くなれば、BBに参加しようと思っていました。

また、逆に仮条件が高くなれば、BBは不参加の可能性が大きかったのですが、想定価格と同じ1500円となると迷いますね。

そして、IPOでは今年一番の大イベントですので、IPO投資家としては、BBに参加したい気持ちは大きいです。

しかし、前評判が良いとはいえないIPOに、気持ちだけでBBに参加して、下手に損を出すのも嫌だと考えてしまいます。

リスクを取ってもBBに参加すべきか?

そこで考えるのは、IPO投資をする本来の目的ですが、リスクが少なくリターンが大きいことだと思います。

それは、IPOに当選すれば、大型IPO以外で損を出す可能性は、低いということです。

それが、IPO投資をする一番のメリットだと思います。

それをして、ソフトバンクのBBに参加するということは、今回の仮条件を見る限り、リスクが大きいと考えるのですが・・・

とにかく、仮条件が本日発表されたばかりですので、もう少しいろいろと検討したいと思っています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!