ソフトバンクの仮条件はすでに決まっているかもしれない情報について

スポンサーリンク

仮条件はすでに決まっている!?

ソフトバンクの情報が何かないかと思い、適当にネットを徘徊していたところ・・・

あるブログで、ソフトバンクの「仮条件」について書いていました。

しかし、ソフトバンクの仮条件は、まだ正式に発表さていませんので、一体どういうことなのかと思い読んでみると・・・

それは、あくまでも「予想」として書いてありました。

ちなみに、その仮条件の予想としては「1500円~1700円」と書いてありました。

思わず苦笑いしてしまった。

また、ファイナンス系の某掲示板を見ると、上記と同じく「1500円~1700円」の可能性があると書いてありました。

その仮条件を見て私が思ったのは「想定価格の1500円から上がるんかい!」と思い、思わず苦笑いしてしまいました。

しかし、仮条件は証券会社などが決めることですので、仮条件が上がることは十分にあることだと思います。

とはいえ、前評判が良いとはいえない、ソフトバンクの仮条件が下がることはあれど、上がることなんてあるのかと思うのですが・・・

IPOについては、あくまでも一般的にですが、想定価格よりも仮条件が上がることは、良いことだとされています。

仮条件が上がるのは良いことだけど…

それは、それだけ欲しい人が多いということで、仮条件を上げることが多いからです。

ということは、それだけ人気としては高く、それと並行して予想よりも、初値が上がる傾向が高いということになります。

しかし、ソフトバンクは超大型IPOになりますので、果たしてそれが当てはまるかは、疑問だと思います。

そして、仮に仮条件が上記の「1500円~1700円」になった場合、私はBBには不参加で、パスする公算が大きいです。

その理由は、今回の上場については、吸収金額が大きいことに加え、今後の地合いの不透明感が高いからです。

最後に

また、サウジアラビアの問題も、今後どうなるか不明ですし、携帯料金引き下げで営業利益が落ち、配当が下がる可能性もあります。

そういったことなどを考えると、最低でも同値(1500円)か、相応のディスカウントがないと、厳しいと思うところもあります。

さらに、仮条件を「1500円~1700円」として、仮に下限の1500円で決まった場合、イメージは落ちると思います。

しかし、その逆もありきで、仮に上限の1700円で決まれば、それだけ買いたい人が多いということになりますが・・・

そうなると今度は、IPOでは重要なディスカウント感が薄れます。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

IPO 日記
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ