SBI証券主幹事「リンク」のポイント当選のボーダーと当選枚数について

スポンサーリンク

リンクのポイント当、選について

昨日、SBI証券主幹事の「リンク」について、BB抽選が行われました。

ちなみに、私はポイントは使わず資金枠で抽選の挑みましたが、見事に玉砕してしまい、補欠にも掛からず落選となりました。

そこで、SBI証券が主幹事ということで、ポイント当選のボーダー(ボーダーライン)と、当選枚数を調べてみました。

調べた結果が、以下になります。

リンクのポイント当選のボーダー

・474ポイント・・・当選
・442ポイント・・・当選
・425ポイント・・・当選
・420ポイント・・・当選

・412ポイント・・・落選
・398ポイント・・・落選
・388ポイント・・・落選
・379ポイント・・・落選

今回のリンクのポイント当選のボーダーは「415ポイント前後」だったようです。

リンクのポイント当選の株数について

そして、ポイント当選での当選株数は「200株」(2枚)当選だったようです。

以前の記事でリンクについては、100株当選の可能性が高いと書いたのですが、まさかの200株配分でした。

なぜリンクのポイント当選が、100株と予想したのか・・・

それは、先に上場した同程度の配分数だったマリオンが、100株当選でしたので、リンクも100株当選が濃厚だと予想しました。

結局、抽選方法をブラックボックスにして公表していないので、どういった抽選方法なのかわかりません。

そこで、事前にポイント当選のボーダーを予想するとなると、過去のデータと照らし合わせるしか方法はありません。

ポイントの使いどころを失敗した!?

そして、100株当選だと思い込んでいたので、私はポイントを使いませんでした。

これが、仮に200株当選だと考えていたら、もしかしたらポイントを使って、当選を取りにいっていたかもしれません。

そんなこといまさらいってみても、タラレバなんですけどね。

また、仮に200株当選と予想できていたら、ポイントを全て使って、ポイント当選を取りにいってもよいと思っていました。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!