セイファートがまさか公開価格を奪取するとは!

スポンサーリンク

セイファートについて

セイファートについて、運良く当選して購入した後に、初値売りしたと書いたのですが、その記事が以下になります。

参考記事:当選して購入したセイファートの行方につて

そこで、初値売りして「約1万円」(手数料込)ほど損しました。

それでも、許容範囲と言うか最小限の損で済んだと思い、今回の損は仕方がないことだと諦めていました。

そもそも今回は、公募割れする可能性もあると思っていたので、後悔はありませんでした。

もっと言えば、先に上場する今年一発目の「Recovery」の初値次第だと思っていたので…

Recoveryが公募割れしたことで、セイファートも公募割れするだろうなと、事前に予想はしていました。

公開価格を奪取!

今日会社から帰って来て、セイファートの株価を見たところ、なんと公募価格を奪取しているではないですか!これにはビックリしました。

セイファートについては、もう上がることはなく下がる一方だと思っていましたので、なおさらビックリしました。

ちなみにセイファートの公開価格は「1120円」で、初値は「1030円」(-90円)でした。

これが先週金曜日のことで、翌営業日の今日の終値は「1199円」でした。IPOはこれがあるからわからない。

初日大して上げなくても、2日目から爆上げするとか、その逆もあるのですが…

全てのIPOに当てはまるわけではないですが、上場した数日間は値動きが激しいのが、IPOの特徴になると思います。

初値予想は難しい

事前に初値を予想したとしても、上場しないことにはどうなるかわかりません。

例えば、前日のナスダックが大幅に上昇したことで、それに釣られて買いが集まるかもしれないですし…

または、上場直前に主幹事から大量の誠意買いが入り、それに釣られて買いが集まることもあると思います。もちろんその逆もあります。

ですので、誰がどう予想しても初値がどうなるかは「神のみぞ知る」と言うことです。

もちろん、ある程度の予想はできると思いますが、あくまでもある程度だと思います。

そして、今回のセイファートが公開価格を奪取すると予想した人は、誰もいなかったのではないでしょうか。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました