IPO初値予想「サーバーワークス」高い初値が期待できると予想

スポンサーリンク

IPO初値予想「サーバーワークス」

上場日:2019/3/13

市場:東証マザーズ

業種:情報・通信業

公開株数:370,400

公開価格:4,780円

主幹事:大和証券

事業内容:Amazon Web Services(AWS)のインフラ基盤構築、リセール、保守・運用代行

サーバーワークスの考察①

サーバーワークスの業種は「情報・通信業」(インフラ基盤の構築など)ですので、業種の人気としては「高い」と思います。

公開株数は「370,400株」と少ないので、その点での需要は良いと思います。

また、主要株主には「1.5倍or90日」のロックアップ、VCなしSOありになります。

そして、上場直後に行使できる株数は、気になる程度ありますので、その点での需要は普通かと思います。

会社の業績は、売上及は伸びていますが、利益に伸びがありませんので、業績に不安があると思います。

サーバーワークスの考察②

サーバーワークスの業態は、インフラ基盤の構築などになりますので、業態の人気としては「強い」と思います。

また、AWS専業ベンダーとしての高い実績、アマゾン認定パートナーであることも大きいと思います。

ただし、ロックアップは1.5倍で解除、SOの存在もありますので、高値圏で売り圧力がある可能性があると思います。

また、業績で売上が伸びてない点も気になります。

考察としては、業態はこれぞIPOという銘柄で、需要も良いと思いますので、高い初値が期待できると思います。

初値予想

評価:S(9)
初値予想:11,950円以上

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました