IPO初値予想「SERIOホールディングス」IPOは好調の流れに!

スポンサーリンク

IPO初値予想「SERIOホールディングス」

上場日:2018/3/2

市場:東証マザーズ

業種:サービス業

公開株数:828,000

公開価格:1,780円

主幹事:野村証券

事業内容:子育て中の女性の就労支援事業、学童クラブを運営する放課後事業および保育事業を行う子会社の経営管理およびそれに付帯する、または関連する業務

SERIOホールディングスの考察①

SERIOホールディングスの業種は「サービス業」(就労支援など)になりますので、業種の人気としては「普通」かと思います。

当選枚数(吸収金額)は「828,000」と普通程度ですので、その点での需要面も普通かと思います。

また、主要大株主には「90日」のロックアップ、VCなしSOなしですので、その点での需要面は良いと思います。

会社の売上や利益については、売上は年々伸びていますが、利益の横ばいといった感じになりますので、その辺は今後の課題になると思います。

SERIOホールディングスの考察②

SERIOホールディングスの考察としては、業種の人気としては普通、業績を見ても利益の伸びがありませんので、IPOとして弱含みになると思います。

また、子育て女性への就労支援などについては、政府が推奨していることはメリットになると思いますが、今後の少子化のこを考えると、大きく伸びる産業ではないと思います。

ただし、主要大株主にはロックアップがしっかり掛かっているなど、需要面が良いのは大きなメリットになると思います。

また、野村證券が主幹事というのもメリットになると思います。

さらに、先に上場したジェイテックの初値が大幅高になったことを受け、今回も高い初値になると予想しますので、評価を一段上げS評価にしました。

初値予想

評価:S(9)
初値予想:4,450円以上

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります。