SBI証券主幹事が5社も上場って過去に見たことがない!

スポンサーリンク

6月上場予定は24社

今日で6月上場予定のIPOは、全て出揃ったって感じかな?

もしかしたら明日も来る可能性があると思いますが、多分今日で打ち止めだと思います。

結局、6月上場予定のIPOは「24社」ということで、通常年の「2倍」ということになると思います。

これはコロナが大きく影響していることで…

去年コロナ下で上場を中止した企業が、6月に駆け込んできたことで多くなっています。

そしてこうして改めて見ると、無理やり詰め込んでいる感が否めないと思います。

SBI主幹事は5社

その中でも注目なのが、SBI証券主幹事が「5社」もあるということです。

12月のIPOが多い年末で、SBI証券主幹事が2社とか3社だったら、過去に何度か見たことありますが…

さすがに5社というのは、私が知る限り見たことがありません。

その中でもの一番の注目は、何といっても「アイ・パートナーズフィナンシャル」になると思います。

アイ・パートナーズは、公開株数が少ない希少株で、IFA(金融商品仲介)という注目の業態も、まあまあ良いと思います。

次に注目なのは「Waqoo」(ワクー)と「HCSホールディングス」、この辺りになるのかなと思います。

SBI証券の良いところ

SBI証券の良いところは、割り当てられた多くをネット抽選で配分するところです。

大手の配分は多くても「10%前後」ですが、SBI証券の場合は、確か「40~50%」(違っていたらスイマセン)ですので…

大手との差を見れば一目瞭然で、SBI証券がいかに良心的というのがわかると思います。

さらに抽選に参加して落選した場合には、IPOチャレンジポイントがもらえるシステムも良いと思います。

ただし、最近はこのポイントを利用して、ばら撒くことで顧客を呼び込んでいる行為が、多く人の不評を買っています。

とはいえ、SBI証券が大手より良心的なのは、いうまでもないと思います。

最後に

6月上場予定のIPOは「24社」ですので、当選を期待せずにはいられないと思います。

その中でも、当選確率が高いSBI証券主幹事が5社もあるというのも、注目するところだと思います。

そして私事になるのですが、今年はまだ1社しか当選していませんので…

6月の多い上場予定を見て、せめて2~3社ぐらいは当選して欲しいと思っているのですが、考えが甘いかな。

ということで、6月のIPOは少しでも多く当選して欲しいと願っています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました