IPOの資金が少ない人はSBI証券を最優先して当選確率を上げるべし!

スポンサーリンク

IPOの当選確率を確実に上げる方法

IPO(新規公開株)の当選確率を確実に上げるには、SBI証券でIPOチャレンジポイント(以下、ポイント)を貯めて使うことです。

SBI証券では、BB(ブックビルディング)の抽選に落選すると、ポイントが1ポイントが貯まります。

そして、そのポイントを使うことで、当選確率を確実に上げることができます。

それは、IPO投資をしている人なら、誰もが知っていることだと思います。

SBI証券のIPO抽選の仕組み

SBI証券に割り当てられ、配分されるIPOは「一般(通常)抽選」と「ポイント抽選」の2種類に分けられます。

一般抽選は、全配分の「70%」が割り当てられ「完全抽選」により抽選が行われます。

完全抽選とは、通常の申し込みから当選を割り振る方法で、多くの株数(資金)で申し込めば、申し込んだ分だけ当選確率が上がります。

そして、残りの「30%」は「ポイント抽選」になり、ポイントを多く使った順に当選を決める方法です。

上記の2点が、SBI証券の抽選の仕組みになっています。

ポイントを使えば確実に当選が取れます!

ということは、ポイントを多く使えば使うほど、ポイント抽選で確実に当選が取れる。ということになります。

このような抽選システムは、今のところSBI証券にしかない制度になります。

そして、資金が少ない人にも公平にIPOが配られる、公平な抽選方法だと思います。

ですので、他社でも上記のSBI証券のような、ポイントシステムを導入して欲しいと、私は個人的に思います。

また、公平抽選を唱っている証券会社は、このようなシステムを見習うべきだと思います。

主幹事からBBに参加しても落選が普通

IPOでは、主幹事の証券会社からBBに申し込むのが、当選確率が一番高くなります。

それは、主幹事の証券会社のIPOが、配分としては一番多いからです。

しかし、当選確率が高いといっても、当選する確率は1%以下で、公開株数が少ないIPOの場合は、0.1%以下になることもあります。

ということは、主幹事からBBに申し込んだとしても、当選確率が高い大型IPO以外では、ほぼ当選しないということです。

そこで、IPOの資金が少ない人が、BBの申し込むので悩むのが・・・

主幹事からBBに申し込むか、SBI証券のポイントを狙うか、その選択だと思います。

私ならSBI証券を選びます。

仮に、大手の証券会社が主幹事で、そのBBに申し込むのに、資金不足でSBI証券のBBに申し込めないなら・・・

私ならSBI証券に的を絞り、ポイントを確実に取りに行くと思います。

それは、SBI証券のポイントを使えば、確実に当選が取れるからです。

もちろん、主幹事からBBに申し込めば、当選確率が一番高いことで、可能性として当選することもあると思います。

しかし、確率的に低いチャンスに賭けるよりも、確実に当選を取れるSBI証券のポイントの方が、IPOでは有利になると思います。

もちろん、資金的に余裕があるなら、主幹事とSBI証券の両方のBBに、申し込むべきだと思います。

最後に

しかし、資金が少ない場合は、私なら主幹事でなくてもSBI証券の方を選びます。

そして、SBI証券のポイントは、1回落選して1ポイントですので、思ったほどポイントは貯まりません。

しかし、落選すると確実に1ポイントが貯まりますので、コツコツ貯めれば確実にポイントが貯まります。

そして、貯めたポイントを使えば、確実に当選が取れます。

ですので、IPOの資金が少ないは、確実にSBI証券のポイントを取ることを、最優先にすべきだと思います。

No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました