SBI証券のIPOで資金枠に当選するにはいくら必要になるのか?

SBI証券で申し込む2通りの方法

SBI証券で、IPOのBB(ブックビルディング)に申し込むには、以下の2通りの方法があります。

1、資金(抽選)枠での申し込み
2、ポイント枠での申し込み

上記の2通りの方法は、IPOをしている人なら誰もが知っていると思います。

申し込める上限はありません!

そして、通常の申し込みである「資金枠」で申し込みする場合・・・

SBI証券では、基本的にBBに申し込む資金に上限はありませんので、いくら申し込んでも構いません。

基本的にとは、実は上限はあるのですが、公開株数と同数になります。

そこで、そこまで資金を多く持つ人は、ほぼいないと思いますので、基本的に上限はないと書きました。

BBに申し込む例

例えば、100株で10万のIPOに申し込む場合、10枚(1000株)申し込むなら、100万の資金が必要になります。

それは、資金が1000万ある人は100枚申し込めますし、資金が1億ある人は1000枚申し込めるということです。

そして、より多くの枚数を申し込めば、それだけ当選確率も上がることになります。

そこで、SBI証券ではいくらの資金を使えば、当選するかということですが・・・

あくまでも私が知る情報ですが、10数年前だと3000万以上あれば、年に数回資金枠で当選していたそうです。

いくら資金あれば当選するのか?

また、数年前だと5000万以上、そして現在だと、最低でも1億以上はないと、年に数回当選するのは難しいとのことです。

ここでいう当選とは、当選枚数が多い大型IPOなどは除きます。

それは、当選枚数が比較的少ない、当選しにくいIPOのことをいっています。

ただし、SBI証券は公平抽選ですので、資金が少なくても運が良ければ、当選することもあると思います。

とはいえ、長期的に見ると資金が多くある人の方が、当選確率は上がることになり、資金が少ない人の当選は難しくなります。

最後に

IPOに申し込まなければ、当選することもありません。

ですので、資金が少ない人でもBBに申し込むことで、確率的に低いとは思いますが、当選するチャンスはあると思います。

とはいえ、1億以上の資金がないと当選しないとなると、資金が少ない人では、当選するのは厳しいということです。

そこで、資金が少ない人がSBI証券で、人気が高いIPOに当選するには・・・

IPOポイントを数年コツコツと貯めて、ポイントで当選するというのが、今のSBI証券の現状だと思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました