Sansanの初値はどっち付かずで微妙だと思う。

スポンサーリンク

Sansanの初値について

Sansanの初値については、正直どうなるかわからない。

初値がどうなるのかわからないとは、いつも以上に初値予想が難しいということです。

そして、現時点での私の勝手な初値予想は「公開価格前後」と予想しています。

また、どちらかというと、6:4か7:3ぐらいの割合で、公募割れと予想しています。

その一番の理由は、需要的な問題です。

需要の問題について

需要的な問題とは、まずIPOについては、落選するのが普通だと思います。

それは、多くのIPOは人気があり、欲しい人が多くいるからです。

そこで、ブログや掲示板などの当落の報告(結果)を見れば、大よその人気の度合いがわかると思います。

そして、 Sansanについては、当選したとの報告が相次いでいました。

大型IPOといえども、通常ならば野村證券が主幹事ですので、そう多く当選報告はないと思います。

さらに、補欠当選(繰上当選)したとの報告も多く、そういったことで、需要的に問題があると思います。

BB不参加や当選キャンセルが多い

また、IPO関連のブログを見ると、当選したけどキャンセルしたとか・・・

そもそもBBにすら参加しなかったという人も多く、そういったことでも、需要的に問題があると思います。

しかし、公募価格は強気設定で、仮条件が上限で決まったことは、それなりに人気があったのだと思います。

さらに、主幹事は野村證券ですので、誠意の買いが入る可能性があると思います。

売る気満々だよね?

そこで、需要的に問題があると思う一方、公開価格を考えると人気がないとは思えない。

ここで矛盾が生じるのですが、この矛盾の原因が、私には理解が不能です。

考えられるのは、日本では人気がなくても、海外では人気があったということなのか?

また、売出株が多い売り抜け案件であることも、初値上げの妨げになると思います。

さらに、ロックアップが掛かっていないVCがあることも、売る気満々だと思います。

最後に

そこで、今回は安パイを取って、私はBBに参加しませんでした。

ただし、仮条件の上限で決まったことや、現時点での大手予想を見ると、公募割れはないとの予想ですので・・・

公募割れせず、利益が取れる可能性があると思います。

また、業態はIPOでは人気のIT系ですので、そういったことなどでも、公募割れはない可能性もあると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります。

IPO 日記
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ
タイトルとURLをコピーしました