IPO新規承認「Sansan」正直微妙な案件だと思います。

スポンサーリンク

IPO新規承認「Sansan」

このほど「Sansan」が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「法人向け名刺管理サービス「Sansan」及び個人向け名刺管理アプリ「Eight」の提供」になります。

Sansanは、名刺管理を通じてビジネスとして活用できる、プラットフォームなどを提供している企業になります。

Sansanの上場スケジュールなど

主幹事  野村証券
上場予定 東証マザーズ
業 種  情報・通信業
想定価格 4,075円
当選枚数 86,365枚
仮条件日 5/30  
BB期間 6/3~6/6
公開価格 6/7
申込期間 6/11~6/14
上場日  6/19

※ 記載ミス、スケジュール変更などで、上記と異なる場合があります。

Sansanの総評①

Sansanは「情報・通信業」(名刺管理アプリの提供など)になりますので、業種の人気は「高い」と思います。

当選枚数は「86,365枚」と多いので、その点での需要は良いとはいえないと思います。

主要株主には「90日or1.5倍」のロックアップ、VCありSOありになります。

また、上場後の行使できる枚数は多いので、その点での需要は良いとはいえないと思います。

会社の業績は、売上は年々伸びていますが、利益は「赤字」になっていますので、業績に不安があると思います。

Sansanの総評②

Sansanの業態は、名刺管理アプリの提供などですので、業態の人気は「高い」と思います。

ただし、名刺管理に大きな需要があるかは、私の個人的な意見ですが、少々疑問があると思います。

また、吸収金額は大きく、VC及びSOの存在も気になりますので、需要的に良いとはいえないと思います。

さらに、赤字経営なのも気になるところで、売出株が多いのも気になります。

総評としては、業態は悪くないと思いますが、それ以外でデメリットは多く、BBに参加するかは微妙な案件だと思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました