さくらさくプラスの初値予想の集計とBBスタンスなど | 貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ

さくらさくプラスの初値予想の集計とBBスタンスなど

スポンサーリンク

さくらプラスの初値予想の集計

さくらプラスの初値予想について、周りの状況というか評判というか、評価はどうなっているのかと思い…

ネット調べになりますが、ブログなどに書かれている初値予想を調べてみました。

・A・・・1150円
・B・・・1400円
・C・・・1550円
・D・・・1500円
・E・・・1365円
・F・・・1550円

※ 仮条件「1150円 ~ 1430円」

最高「1550円」、最低「1150円」、平均「1419円」

上記を見ると、公募割れと予想している人もいれば、多少利益が取れると予想している人もいます。

こういった初値予想の場合、BBの参加・不参加の判断は、かなり難しいと思います。

状況次第でどうにでもなる。

まず、公開価格が仮条件の上限で決まるか下限で決まるかで、状況が変わると思います。

当然、仮条件上限の「1430円」で、公開価格が決まれば良いと思いますが…

仮条件下限の1150円、もしくは1420円以下で、公開価格が決まった場合は、初値は厳しい状況になると思います。

また、一番大きいのは、上場日の4/24の相場の状況がどうなっているのか、それによると思います。

そして、現在の日経平均株価は「約19500円」になりますが…

仮に上場日(4/24)の日経平均株価が、それ以下の場合は厳しいと思います。

クリアすべき問題

ですので、まずは仮条件「上限」で公開価格が決まること。さらに上場日の日経平均株価が、今以上に上がっていること。

最低でもその2つの条件をクリアしてないと、公募割れになる可能性が、かなり高いのかなと思います。

ただし、IPOが前回上場してから、さくらさくプラスが上場するまで、2週間以上期間が開いています。

さらに、あとに続く上場予定もありませんので、スケジュール的にはかなりというか、相当恵まれていると思います。

また、吸収金額も大きくはないので、その点も良いと思います。

そこで、上記の2つの条件がそろった場合、初値が大きく跳ねる場合もあると思います。

BBに参加したい気持ちもある。

そう考えると、BBに参加したい気持ちもあるのですが…

しかし、新型コロナがどうなるかわからない状況で、丁半博打的なBB参加は、正直避けたいのもあります。

とはいえ、さくらさくプラスの上場以降は、IPOの上場予定はありません。

そして、新規承認されるにしても、新型コロナの状況次第だと思いますが、5月中旬辺りなのかなと思います。

それを考えると、さくらさくプラスがマネーゲーム化する可能性があり、初値は2倍とかになる可能性もあると思います。

ただし、業態は「保育園の運営」ですので、3密になる場所で、今後の業績などを加味すると、BB不参加が妥当なのかなと。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました