RPAホールディングスの初値を見て失敗した感が否めない。

スポンサーリンク

中途半端なポイントの使い方

RPAホールディングスについては、上場前の初値予想は「10000円」(公開価格:3570円)を超えるだろうと、私は予想していました。

そこで、満を持してSBI証券の「ポイント」(IPOチャレンジポイント)を使うことにしました。

そして、私が使ったポイントは「310ポイン以上320ポイント未満」で、今思えばポイント的に中途半端な使い方だったと思います。

なぜ中途半端なポイントの使い方になってしまったのか、それは今回の300株当選ではなく、100株当選の可能性もあるとの声が多かったからです。

100株当選かもの情報がなければ・・・

そのことで、どうせ100株当選になるかもしれないのなら、少しでも少ないポイントで当選した方が良いと考えました。

そして、仮に100株当選ではなく、200株当選だとしても対応できるようにと思い、310ポイント以上を使いました。

しかし、ポイント当選のボーダーラインは、ハッキリとした数字はわかりませんが、335ポイントとも336ポイントともいわれてますので・・・

私が使用したポイントとの差は、20ポイント以上ありましたので、今回の落選は仕方がなかったと思い諦めました。

失敗した感が否めない。

しかし、その後上場されたRPAホールディングスの初値は大幅に上がり、その初値を見て失敗した感が否めないと思ってしまいました。

こういったときに、当選するのと落選するのとでは大きく違い、その差が後々のIPOでの利益の大きな差になると思います。

そしてポイントについては、ポイントを大量に保有していても、大事にしすぎてセコセコしていると、ココ(いざ)というときに使えなくなってしまう。

一方、何でもかんでもポイントを使っていれば、今回のRPAホールディングスのようなIPOで、ポイント当選するのは無理だと思います。

ポイントは使いどころが難しい。

そこで、ポイントの使い方としては、コツコツとポイントを貯めて、ココいうときに大量にポイントを使うのが、鉄則になると思います。

それは、IPO投資をしている人なら、初心者でもない限り誰でもわかると思います。

しかし、ココでポイントを使うという判断は難しく、去年のイオレのような例もありますので、どこでポイントを使うかは、難しい判断になると思います。

そして、RPAホールディングスでポイント当選された方は、勇気があるというか適切な判断をされたと思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!