RPAホールディングスのポイント当選のボーダーラインは?

スポンサーリンク

今回は300株当選でした!

SBI証券が主幹事だった、RPAホールディングスのポイント当選については、去年上場したイオレ以降は、100株当選でしたので・・・

今回も100株当選になるのではとの予想と、今回は200株当選だろうとの予想の2つに分かれていたと思います。

そして、300株当選との声もありましたが、かなり少ない少数派だったと思います。

そして結果の方は、少数派の「300株当選」となりました。

RPAホールディングスのボーダーライン

それはさておき、RPAホールディングスのポイント当選のボーダーラインを調べてみたのですが、結果は以下の通りになりました。

・350ポイント・・・当選
・345ポイント・・・当選
・335ポイント・・・当選

・334ポイント・・・落選
・332ポイント・・・落選
・331ポイント・・・落選

今回は、どうやら「335ポイント以上」で、ポイント当選できた模様です。

※ 上記は、ネット上での未確定情報ですので、確定情報ではありません。

SBI証券のポイント当選予想は難しい。

ちなみに私の予想は、7:3か8:2ぐらいで200株当選だと思っていたのですが、100株当選になる可能性もあると思っていました。

そして、100株当選ではなかったということは、イオレ以降100株当選になるとの予想は、どうやら違っていたようです。

ということは、イオレやみらいワークスだけ、たまたま100株当選にしたのか、それとも以前の法則を変えたのか、その辺は定かではありません。

以前の法則とは、SBI証券の配分が900枚以上のときは、200株以上当選するという法則です。

私の勝手な憶測

そして、今後は上記の法則を変えて・・・

SBI証券の配分が、1000枚以上とか1500枚以上でなければ、2枚当選以上はないかもしれないし、その辺をもしかしたら少し変えたかもしれないですね。

もちろんそれは、私の勝手な憶測でしかないですが・・・

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります。