6月のIPOは本日終了で7月に期待ですね!

スポンサーリンク

6月のIPOが終了

6月のIPOが本日終了しました。

最終日に上場した「プラスアルファ」の初値は、予想というか期待したほど上がらなかったと思います。

しかし、本日の終値で見ると、初値より「100円以上」のプラスで終了しましたので…

今の悪いといわれているIPOの状況を考えると、悪くない出来だったと思います。

もちろん、以前のIPOから比べると、決して良いとはいえません。むしろ悪いと思います。

それでも初値以上の株価で終了したのは、好材料なのかなと思います。

IPOの現状は悪い

ただそうはいっても、昨日上場した「BlueMeme」と「オムニ」については、冴えない状況になっています。

また、直近で上場した他のIPOも、下げている銘柄のが多いのかなと思いますので…

今のIPOの現状を見ると、悪いといわざるを得ないのかなと思います。

そこで思うのは、6月に入るまでの今年のIPOは、公募割れした銘柄がゼロでしたので…

なぜにこうも状況が変わってしまったのかということです。

ここからは、私の勝手な予想というか想像になりますが、資金の多くが現物やETFなどに流れているからだと思っています。

IPOのセカンダリーはリスキー

というのも、そもそもIPOのセカンダリーというのは、リスクが超高い投資であって…

それでも今まではセカンダリーで利益が取れていたので、それなりにIPOに人が流れてきていたのだと思います。

しかし、リスクが高いIPOのセカンダリーに参戦しなくても、今は現物やETFなどで利益が取れますので…

無理してセカンダリーに参戦する人は、以前と比べると今は少ないのかなと思っています。

そういったことで、IPOの初値が予想以上に上がらなくなり…

それと平行して、初値形成後のセカンダリーの株価はちょい上げで終了とか、下がる傾向が強いのかなと思っています。

最後に

前回の記事で「IPOは復活してきているのかなと思っています。」と書いたのですが…

参考記事:IPOは復活してきているのかなと思っています。

期待を込めてそういった記事を書いたのですが、今も変わらず7月になれば、状況は今より良くなると思っています。

というのも、6月のIPOはスケジュールが詰まりに詰まっていたので、状況的に不利だったと思います。

それに輪を掛けて、現物やEFTなどに人が流れていることや、設定価格が高いIPOが目立たのもあったと思います。

そういったことなどで、6月のIPOは状況的に悪かったのかなと思っています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました