IPOは復活してきているのかなと思っています。

スポンサーリンク

三連続公募割れの野村主幹事

私の勝手な想像というか予想というか何というか、現在悪い悪いと言われているIPOの状況ですが…

ここに来て復活してきているのかなと思っています。

直近で公募割れしたのは、ペイロール、ドリームベッド、アルマード、全て野村証券が主幹事になります。

IPOでは安定感があるというか、公募割れが少ない野村証券ですので…

野村主幹事が三連続で公募割れなど、見たことがないというか、私の記憶にはありません。

それぐらい異常事態というか、ここのところのIPOは悪いといわれています。

とはいえ、25日までの時系列を見るとドリームベッド以外は、一時とはいえ公開価格を上回っています。

復活の兆しアリ!?

また、ドリームベッドについても、上場したばかりですので、数日後には公開価格を上回るかもしれません。

それ以外にも、ペルセウス、HCS、セレンディップ、アイ・パートナーズについては…

SBI証券が主幹事で、SBI主幹事は「初値売りが多い」といわれていますので、そこでセカンダリーが不調だったのだと思います。

あと、デコルテは内容が内容だけに、事前予想で公募割れといわれていましたので、仕方がないと思います。

そういったことを加味すると、IPOの状況は悪いといわれながらも、復活の兆しがあるのかなと思っています。

特に25日に上場した「日本電解」の初値を見ると、今の状況でよく公募割れしなかったなと、感心してしまいました。

そこで思うのは、6月のキツキツ状態が明けた7月のIPOは、6月に比べると良くなるのかなと思っています。

不謹慎といわれるかも。

そして、7月最初の上場は「BCC」になりますが、高い初値が期待できるのかなと思っています。

話しは変わりますが、こういったことを書くと、不謹慎というか怒られそうですが…

上記に書きましたが、三連続で公募割れを出した野村には、主幹事を当分の間休んでいて欲しいというのが本音です。

その理由を書くと長くなるのでここでは書きませんが、IPOをやっている人なら誰もがそう思っていると思います。

そして、7月のIPOといえば、前半は野村主幹事が続きますが…

後半は、日興とみずほの主幹事が続きますので、野村に比べると当選しやすいのかなと思っています。

最後に

私事ですが、6月のIPOは1社しか当選しなかったので、7月は最低でも1社以上は、当選して欲しいと思っています。

年間を通じても、今年はまだ2社しか当選していませんので、7月は何とか1社でも当選が欲しいところです。

私の当選が少ない理由は明白で、IPOに参加する人が年々増えているということと…

優待クロスだったりETFだったり、IPOよりそちらに資金を多く入れているので、当選が少ないということです。

それでも、毎回主幹事のBBはしっかり押さえていますので、あとは運次第なのかなと思っています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました