12月のIPOの当落結果のまとめと反省点について | 貧乏投資家のIPO(新規公開株)挑戦ブログ

12月のIPOの当落結果のまとめと反省点について

スポンサーリンク

12月のIPOの当落結果と反省点

12月のIPOは、ここまで好調になるとは思わず、反省点などが多くありました。

そこで、12月のIPOの当落結果と反省点ということで、以下にその内容などを軽くまとめまてみました。

BB不参加

テクノフレックス、SOSiLA物流リート投資法人、メドレー、ランサーズ、JMDC、フリー、JTOWER、SREホールディングス、カクヤス

合計9社

落選

名南M&A、ALiNKインターネット、ベース、ウィルズ、BuySell Technologies、ユナイトアンドグロウ、ランディックス、INCLUSIVE、global bridge HOLDINGS、AI inside、WDBココ、スポーツフィールド

合計12社

当選

マクアケ(大和証券)、スペースマーケット(大和証券)

参考URL:IPO当落結果「マクアケ」チャンス当選いただきました!

参考URL:IPO当落結果「スペースマーケット」ありがとう大和証券!

合計2社

大型IPOは不参加①

12月のIPOについては、前評判が良かった「マクアケ」以外の大型IPOは、全てBB不参加としました。

理由は、新規承認された当初は、今ほどIPOが好転するとは、思わなかったからです。

それでも、仮に「メドレー」が公募割れしていなければ、申し込める大型IPOに、参加していたと思います。

そこで、節目というかキーポイントは、メドレーが公募割れしたことでした。

これでもし、メドレーが公募割れしていなければ、上場日は「12/12」でしたので…

フリーも含めて、フリー以降の大型IPOのBBに、間に合わせることができました。

大型IPOは不参加②

そこで、フリーやJTOWERのBBに参加して、もしかしたらですが、当選していたかもしれません。

とはいえ、そんな話しを今更しても「後の祭り」で、仕方がないと思います。

また、12月のIPOの初値を見ると…

どちらかというと、大手の初値予想に近いというか、合わせた初値になっているのかなと思います。

そこで今後のBBについては、大手予想をもう少し信じた方が良いと思っています。

最後に

12月のIPOについては、ここまでIPO相場が好調になるとは思わず…

大型IPOを外して、BBに参加しなかったことは、かなりの痛手でした。

しかし、ここまでIPOが好転するとは、予想できなかったことですので、こればかりは仕方がなかったと思います。

それでも、運良く「マクアケ」と「スペースマーケット」に当選して、少しでも取り返せたのは良かったと思います。

また、12月の好調相場を見て勉強になったこともあり、そのことを次のBB抽選に活かしたいと思っています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました